9月29日(金・晴) ミーハー

プレミアムフライデー…なん。

上京、雨の東京から早1週間か。すっかり現実に引き戻されてるけど。

間もなく9月も終わり。過ぎればあっという間だが、結構イレギュラーなことにでくわしている。が、心折れることなく本日も作業場で淡々と。

世間は選挙一色か。いつの間にやら衆院解散となっていた。

大義なき解散、だなんて野党が言っていたけど、とやかく言われても、痛くも痒くもなかろうなぁ、安倍総理は。でも、計算外だったんじゃないの?

政権選択?ちがうよ、投票率がどれだけ下がるかが試される選挙さ。

興味はあるが関心は低い。どう出ることやら。

 

まっすぐ帰宅。クリーニングに出していたシャツも回収。やることてんこ盛り。

 

いちいち隠すことではないのだが、実はワイフとステファン👶(娘ね。)は8月の下旬から実家へ帰っているのである。遂に愛想尽かされました。嘘です。まあ、実家といっても、今の住まいからは目と鼻の先にあるのだが。

夏を境にワイフの体調が少しばかり優れず、といった感じである。

本来なら今月末には戻ってくる予定だったのだが、やや体調不良がぶり返し、ご帰還が延びているのである。

一人暮らしを満喫できていいだろう。なんて思われがちなのだが、不思議とこれが難儀なわけで。独身のころのような感覚には戻れんね。

 

トイレ掃除など諸々済ませて、やっと落ち着いたら21時過ぎかよ。夕飯はミートパスタ。コンビニ弁当だよ!質素だろ。プレ金だしな。

 

ASKAの新譜をネット通販で予約する。今更CDかよ、なんて突っ込まれそうだが、ダウンロードばかりが音楽の楽しみではないと思うのだが。先行予約特典として、チャゲアス時代の名曲「黄昏を待たずに」のソロヴァージョンが収録されている。うう、涙ものだ。早く聴きたい。

f:id:sistermoonktts:20170930011601j:image

これで本格復帰になるのだろうか。いや、世間はそんなに甘くはないか。それはそれとして、地道に活動するのがファンへの償い、そしてなによりも復帰に向けての近道だとは思うのだが。

前作「Too many people」に収録された「FUKUOKA」は名曲だと思うなぁ。それと「 しゃぼん」ね。しびれる、というより聴かせるねぇ。やっぱASKAといえば、balladeだよなぁ。

f:id:sistermoonktts:20170930011927j:image


FUKUOKA ASKA


しゃぼん   ASKA

 

昔はドラッグトラブルを起こしたアーティストなんか、どうせ薬の力を使って生み出した楽曲だろ!なんて、毛嫌いしていたけど、いざ応援してきたアーティストがそんな立場に追い込まれると、歌にはなんの罪もない、と発想が180度変わってしまう自分が、いかに単細胞なミーハーなのかと、少なからず落胆してしまう部分もあるのだが。才能に惚れたわけで、というのは自分自身へのを言い訳として。

 

四字熟語は「ミーハー」にする。

 

気になったTweet↓↓