読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月20日(木)☁️洒落麺屋

6時半起床。身支度整え、朝食済ませて、寝起きのステファン👶の着替えと伸び伸び体操が日課である。

二ヶ月前くらいからお座りさせてもグラつかなくなった。とはいえ、用心に越したことはない。あまり目を離さないようにしている。相変わらずリビングからレースのカーテンを自ら開いて外を眺めては、キャッキャっとはしゃいでいる。それが満たされると、次はルームライトのリモコンを触って、点灯したり、消えたりに反応を見せてくれる。微笑ましい。

 

ゴミ出し済ませて出社。

やる事が山積みというわけではないが、先方と諸々連絡を取り合い、昼過ぎにはやるべきことを済ませた。

 

昼休憩で外出。

スマホに知り合いから電話。身の上相談。なんやかんや言ってたけど、適切なアドバイスを求めているわけでもなく、話を聞いてほしいといった感じだったので、聞き役に徹する。なのでインプットはしない。

テクテクと歩きまわっていたら京町銀天街に。最近開店のつけ麺屋を発見。店主の知り合いが多いのか、やたらとSNSにアップされていた。こちら側に来る機会もあまりないので、入店。

北九州文学サロンの二階。店名は「サルタヒコ」。

f:id:sistermoonktts:20170421120854j:image

ふ~ん、店名は猿田彦大神からきているの?
つけめん? まぜそば? カプチーノにエスプレッソ。コーヒーもあるんだ。
メニューを見て「鶏つけそば」注文。900円。麺の茹で時間に10分ほど待ってほしい? いいよ、待ちます。ほどなくして出てきたのは洒落た器に麺、具材、つけ汁。最初は付け合わせの塩につけて食べてほしい。ツルツルツル。うん美味い。麺も太麺でそば粉かかった色。珍しい。嫌いではない。
しかしなぁ。こっちの主流は細麺、豚骨、ワンコイン。さらに待ち時間なし。1000円も払えば半ライス、唐揚げがついてくる。
個人的なことを言えば豚骨は好きではない。独特の臭味と細麺が好きではないのだ。もちろん住めば都でひいきの店はあるけどね。
それだけに、新種のメンラー店には長くやってほしい。展開次第か。女性受けしそうな内装。一言で言えばおしゃれ。時間に忙しいサラリーマンじゃ厳しいんじゃないの。女性には受けそうだけどね。
最後は余ったつけ汁に熱めのスープを注いでいただく。完食。ごちそうさま。また機会があればお邪魔します。

 

 


定時に帰宅。ステファン👶との入浴が日課。最近大きくなっているせいだろうが、重い。試練ではあるが気持ちよさそうな笑顔がみれるのならばなんてことはない。それにしても急激に表情が豊かになった。自我の芽生えか。もう8カ月。そんな頃合いか。つかまり立ちもいいけれど、ハイハイを覚えなさい。


風呂上がりのステファン👶をワイフが寝つかせ、夕飯済ませる。親戚からいただきものの自家製ちらし寿司。美味。文句なし。タケノコ煮、アラメ煮、豚汁もね。

f:id:sistermoonktts:20170421120904j:image

 

ひと段落してパソコンいじりでもしようかと企んだが、ウトウトウト。眠気に勝てず。23時半。雑誌見ながら早々に寝た。バタンキューだ。


きょうの四字熟語は洒落麺屋にする。